本文へスキップ

株式会社 カストムインダストリーはお客様の要求される製品・商品を期待通りに納入することで、社会貢献いたします。

TEL. 0845-26-1066

〒722-2102 広島県尾道市因島重井町2748番地

世界初!! NMR技術で給水管内の赤錆を完全に防止  

NMRパイプテクターの特徴 PDFファイル

  • 費用を配管更新(取替え)に比べ、大幅に削減
    給水管で80〜90%削減、空調管で90%以上削減
  • 配管寿命を建物寿命まで延命
    建物を建替えるまで、配管更新は不要になります。
    ※効果保障(効果が出ない場合の返金保証)付
  • 配管の外部に設置するので、断水工事が不要に
    NMRパイプテクターは配管径最大2m、鉛管以外の鉄など全ての管に外部設置できます。その為、断水する必要はありません。
    赤錆を完全防止
     ※赤錆を完全に防止とは、赤錆の閉塞を改善することです。
    赤錆を黒錆に変えて赤錆の水への溶解を防ぎ、味や臭みをも改善します。
    錆コブに発生する雑菌も解消
    赤錆を硬い黒錆に変えて配管強度を維持し、外部腐食がない限り、長期延命を可能にします。
    給水管で使用した場合、排水管においても効果が持続し、汚れを減少させ、赤錆の進行も遅らせます。
    米国、カナダで問題となっている「ビスフェノール類」が主成分であるエポキシライニングとは異なり、NMRパイプテクターは装置が水と接触しない為、安全性が極めて高い工法です。

NMR(核磁気共鳴)とは

 奇数の原子番号の物質、たとえば水素(原子番号1)の原子核は、原子核がN極とS極に分極(磁極化)しており、この原子核にある特定の電磁波を与えると、原子核が共鳴振動を起こして回転運動をします。この現象をNMR(Nuclear Magnetic Resonance)といいます。

放電を起こす水を創る

@通常、給水として供給される水の分子(H2O)は、水素原子(H)がプラスの電荷に酸素原子(O)がマイナスの電荷に帯電します。

Aその為、マイナス電荷を持つ酸素原子に隣のプラスの電荷をもつ水素原子が引き付けられ、多くの水分子(H2O)が凝集結合をした大きな固まりを形成します。水の自由電子(水和電子)は凝集の内側に存在します。これが一般的な液体の水の状態です。

Bこの水分子の水素の核を回転させ、凝集をバラバラにし雷雲のような励起状態の放電水(水の水和電子は凝集の外側に移動)を創り、その水をポンプ等のエネルギーで動かすことにより、配管内で連続的に水和電子の放電を起こさせます。この放電が連続的に赤錆を黒錆へ還元します。
 ※NMRは病院の断層写真撮影用MRIでも使われている安全性の高い技術です。
 ※当社のNRは、常磁性共鳴との境界上の技術です。


NMR防錆技術による配管内の鉄の酸化還元メカニズム

@配管内の鉄(Fe)は、水中に含まれる酸素(O2)と水(H2O)により化学反応(酸化)を起こし、赤錆(FeO(OH))となります。
これが水に溶けることにより赤水の原因となったり、体積が膨張し配管内に閉塞を起こすとともにネジ山の欠落などで漏水の原因になります。

A「NMRパイプテクター」設置部を通過し凝集が小さくなった水は、ポンプ等のエネルギーによって運動することで水和電子(e-)を放出します。
その電子が、配管内で発生した
赤錆(FeO(OH))黒錆(Fe3O4)に還元します。
このように赤錆を黒錆へと還元させることで、結晶が小さくなり体積が10分の1以下で不動態となるため、水への溶出もとまり、配管内の赤錆閉塞は縮小改善していきます。
4Fe[鉄]+3O2[酸素]+2H2O[水]
        ↓
4FeO(OH)[オキシ水酸化鉄/赤錆]
 




6FeO(OH)[オキシ水酸化鉄/赤錆]+2e-[電子]
        ↓
2Fe3O4[マグネタイト/黒錆]+2H2O+2OH-
還元反応により水中に溶け出すのはこの水分子と水酸基だけです




NMRパイプテクター設置例

  • 日本赤十字社 医療センター
     築24年 SGP管使用 給水管(施設/病院)

    【設置結果】
     病院施設であるため薬剤の使用が出来ず、給水管の赤錆劣化に対しては配管の部分更新で対応していましたが、一部の病室で赤水の発生が続いたため、赤水解消及び修繕費の大幅削減を目的として、断水工事不要のNMRパイプテクターを採用いただきました。
     NMRパイプテクター設置前の朝一番の夜間滞留水に2.0mg/gあった鉄分濃度は
    設置6週間後に全て解消されました。これにより配管内の赤錆信仰が赤錆進行が停止し、赤錆の黒錆化による配管更生効果が実証されました。
     配管更新をすると数億円の費用がかかりましたが、
    NMRパイプテクターの設置により修繕費を1/10以下に削減することができました。また、赤錆の黒錆化により外部腐食が発生しない限り今後の配管更新は全く不要になりました。

    水質検査結果】
     (8時間以上使用をした夜間滞留水の最初の500ccを採水して検査)
    検査
    項目
    設置前 2週間後 4週間後 6週間後 水質
    基準値

    mg/g
    2.0mg/g 0.48mg/g 0.49mg/g 0.27mg/g 0.3mg/g
    色度
    30度 11度 11度 5度 5度以下
  • 大手DE工場
     築42年 SGP管使用 給水系統(工場)〔赤水/赤錆防止、配管更生・保護延命〕

    【設置結果】
     本物件は築42年の建物で、配管材質には亜鉛めっき鋼管(SGP管)を使用しています。NMRパイプテクター設置前の水質検査によると、鉄分値0.5mg/g、色度15度と濃い赤水が発生していました。しかしDPE工場のため、赤錆を流出させる装置の配置や配管工事は実施できず、更新工事の1/10以下の費用で出来るNMRパイプテクターを築35年経過時に採用いただきました。
     
    NMRパイプテクター設置6日後の水質検査で、鉄分値0.005mg/g未満と検出限界値以下まで減少し、色度も2度と赤水も完全に解消されました。以後88カ月後の水質水質検査でも赤錆の黒錆化で赤錆の水中への溶出はとまり、築42年後においても亜鉛めっき鋼管使用の給水系統で赤錆問題及び漏水問題は無く、赤錆の黒錆化による配管更生が立証されました。

    水質検査結果】
     (8時間以上使用を停止した夜間滞留水の最初の500ccを採水して検査)

    検査
    項目
    設置前 4日後 6日後 88カ月後 水質
    基準値

    mg/g
    0.5mg/g 0.2mg/g 0.05mg/g 0.03mg/g 0.3mg/g
    色度 15度 5度 2度 0.5度未満 5度以下

  • 英国バッキンガム宮殿
     築304年 SGP管使用 給湯管〔赤水解消、赤錆防止・配管延命〕
    【設置結果】
     
    1703年バッキンガム公爵によって建てられたバッキンガム宮殿は、1837年より英国王室の正式な住居となり、現在は775の部屋数を有している女王陛下の住まいとなっています。
     空調温水管及び給湯管は亜鉛めっき鋼管(SGP管)をしようしており、赤錆劣化により、一部配管更新で行っていましたが、大半の配管が未更新の種、赤錆劣化を防止して配管を延長する目的で、給湯管に2007年1月12日にNMRパイプテクターを採用頂きました。
     NMRパイプテクター設置前は、給湯管の中の水中鉄分値は2.75mg/gを呈していましたが、
    NMRパイプテクター設置24日後には、給湯管の水中の鉄分値は0.018mg/g未満と大幅に減少しました。また、それ以後も0.007mg/g未満と非常に低い数値を維持しています。
     これは新規の赤錆発生が防止され、配管内の既存の赤錆が水に不要な黒錆に変化したためです。以上により、配管内の新規赤錆の発生が防止され、既存の赤錆が黒錆化されることによる、NMRパイプテクターの赤錆防止・配管延命効果が実証されました。

    【水質検査結果】

     (給湯は8時間以上使用を停止した夜間滞留水の最初の500ccを採水して検査)
    検査
    項目
    設置前 24日後 45日後 90日後 水質
    基準値

    mg/g
    2.75mg/g 0.018mg/g
    未満
    0.007mg/g
    未満
    0.007mg/g
    未満
    0.2mg/g

  • 英国ウィンザー城
     築900年 SGP管使用 給湯管〔酸化劣化防止・配管延命〕

    【設置結果】
     ロンドン郊外テムズ川沿いの都市ウィンザーにある英国王室所有のウィンザー城は、築900年の歴史があり、人が住んでいる城としては世界最大です。又、女王陛下エリザベスU世が週末を過ごすチャールズ皇太子の居城でもあります。
     給湯管は亜鉛めっき鋼管(SGP管)を使用しており、酸化劣化を防止して配管を延命する目的で、給湯管に2007年1月24日NRパイプテクターを採用頂きました。
     107号室において、
    NMRパイプテクター設置前に3.32mg/gあった水中の鉄分値は、NMRパイプテクター設置42日後には0.007mg/gになり、また他2か所での採水結果の平均値も設置前では4.255mg/gあったものがNMRパイプテクター設置後には0.0105mg/gに下がりました。これは英国の定める飲料水の水質基準値でもある0.2mg/gよりもはるかに低い水位置です。以上により配管内で新たな赤錆の発生を即座に止め、既存の赤錆が水に溶けない性質の黒錆に変化させるNMRパイプテクターの赤錆防止・配管延命効果が実証されました。
     NRパイプテクターを使用し続けることにより、本給湯管は内部より発生する赤錆劣化は完全になくなり、
    外部腐食を防ぐ事により建物が存続する限り、100年でも200年でも使用可能になりました。

    水質検査結果】
    (給湯は8時間以上使用を停止した夜間滞留水の最初の500ccを採水して検査)

    検査項目 採水箇所 設置前 42日後 水道法
    水質基準値

    mg/g
    107号室 3.32mg/g 0.007mg/g 0.2mg/g
    他2か所の平均 4.255mg/g 0.0105mg/g


NMRパイプテクター 配管対応規格

品番 W×L×Tmax 重量 対応配管サイズ(内径)
PT-20DS 80.0×100.4×26mm 0.8kg 〜25mm
PT-30DS 85.8×121.5×27mm 0.8kg 25〜32mm
PT-50DS 115.5×121.5×27mm 1.2kg 40〜50mm
PT-75DS 144.1×121.5×27mm 1.7kg 65〜80mm
PT-100DS 169.3×121.5×27mm 2.0kg 100mm
PT-125DS 194.8×121.5×27mm 2.4kg 125mm
PT-150DS 220.2×121.5×27mm 2.8kg 150mm
PT-200DS 271.3×121.5×27mm 3.5kg 200mm
PT-250DS 322.4×121.5×27mm 4.8kg 250mm
PT-300DS 373.5×121.5×27mm 5.6kg 300mm
PT-400DS〜PT-2000DS 400〜2000mm
※PT-20DSは一般家庭用

バナースペース

株式会社
カストムインダストリー

【本社】
〒722-2102
広島県尾道市因島重井町2748番地

TEL 0845-26-1066
FAX 0845-26-1065

【産業機械部】
〒722-2102
広島県尾道市因島重井町474番地23
TEL 0845-25-1166
FAX 0845-25-1213